日帰り手術当院について

主に下肢静脈瘤、鼠径ヘルニア、痔、大腸ポリープなどの病気に対して日帰り手術を行います。
入院する必要がないため、処置後はスムーズに日常生活へ戻ることができ、仕事が忙しい方や子育て中の方などにおすすめです。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

静脈の弁が正しく動かなくなると、血液が逆流して静脈が拡張し、皮膚の表面にボコボコと浮き出てくる病気です。他にむくみや痛み、色素沈着や皮膚の潰瘍といった症状が出てきます。治療対象は大きな静脈瘤(伏在型)ですが、足首の辺りに赤くて細い血管が多数出ている場合は、大きさに関係なく精密検査をおすすめします。

治療法は、逆流して拡張した静脈をなくすことにあります。即ち、昔ながらの、静脈を抜去したり(ストリッピング手術)、レーザーや高周波ラジオ波で静脈を焼灼したり(血管内焼灼術)、薬で静脈を炎症で硬化させたり(硬化療法)です。

手術方法

硬化療法 硬化剤という薬剤を注射し、患部の静脈を閉塞させる治療法です。完全に閉塞した静脈は徐々に小さくなり、組織に吸収されて消えてしまいます。すると正常な静脈に血液が流れ、症状が改善されます。
ラジオ波焼灼術 まず皮膚に小さな開口部を開け、患部の静脈に高周波アブレーションカテーテルを挿入します。このカテーテルから熱を放出することで静脈壁を収縮させて閉塞します。カテーテルを挿入するためのわずかな傷跡ですみ、治療時間は片足40〜60分程度です。
参考動画

手術の流れ

1初診時 診察、エコー検査などで治療法決定。手術なら採血、心電図、レントゲン等の術前検査。
↓
2手術当日 高周波(ラジオ波)による血管内焼灼療術に下腿等の瘤切除術を併施します。絶飲食で昼前11時半頃来院。午前診終了後1時頃手術。1時間程で終了後、4時頃帰宅です。
↓
3手術後 術翌日か翌々日再来しエコー検査迄弾性包帯着用。同日シャワーや入浴可能で以後終日弾性ストッキング。術後1週間から1ヶ月は夜間就寝時以外は弾性ストッキング着用。
料 金
手術/3割負担の場合は5万円程度です。70歳以上では負担限度あり。一般には上限12,000円
硬化療法/3割負担の場合は5,000円程度、1割負担の場合は1,600円程度です。

ページのトップに戻る

鼠径(そけい)ヘルニア

鼠径ヘルニアとは

腹膜や腸の一部が鼠径部(太ももの付け根の部分)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。初期症状では立ったりおなかに力を入れたりすると、鼠径部に柔らかいふくらみができ、押さえると元に戻ります。症状が進むと急いで手術しなければ命に関わることもあります。

手術の流れ

1初診時 診察、エコー/CT検査などで治療法決定。手術なら採血、心電図、レントゲン等の術前検査。
↓
2手術当日 絶飲食で昼前10時半頃来院。午前診中に硬膜外チューブ挿入。午前診終了後1時頃手術。1時間程で終了後、4時頃帰宅。(自発呼吸下マスクを用いた吸入麻酔です。手術はクーゲルパッチを用いた後腹膜アプローチによるクーゲル法です。)
↓
3手術後 術後入浴は術翌日からシャワーより開始。数日後~1週間後に再来。仕事は症例にもよりますが、軽い事務仕事なら術翌々日頃から可能です。
料 金
3割負担の場合は5万円程度です。70歳以上では負担限度あり。一般には上限12,000円

ページのトップに戻る

痔の場合は症状によって内痔核ジオン硬化注入療法痔核切除術PPH直腸粘膜環状切除)を併施して行います。その他、直腸脱(直腸粘膜縫縮術+肛門輪縫縮術)、肛門周囲膿瘍(切開排膿術)、痔瘻切除術、肛門ポリープ切除術も行います。

内痔核ジオン硬化注入療法とは

痔核を切る外科手術を行わず、ジオン注射だけで治療する方法です。ジオンの有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物とタンニン酸というもので、この液を痔核に注入して血流を遮断し、痔核に無菌性の炎症を起こして粘膜に癒着・固定させます。注射翌日から出血が止まり、数日で痔核が脱出しなくなります。術後も痛みが少なく、入院期間を短縮できる特徴があります。

料 金
3割負担の場合は15,000円程度、1割負担の場合は5,000円程度です。

ページのトップに戻る

大腸ポリープ

大腸ポリープとは

大腸ポリープとは、大腸の内側にできた腫瘍の総称です。ポリープの直径が2cm以下であれば、内視鏡で取ることができ、日帰り手術で対応できます。ポリープには放置しても大丈夫な良性のものから、ガン化する悪性のものなどいくつかの種類があります。そのほとんどが無症状ですが、大きくなってからではガン化の危険性があるため、症状がないうちからの定期検査をおすすめします。

手術の流れ

1初診時 診察を処理の説明、下剤処方。
↓
2手術当日 自宅で朝から下剤服用。昼前11時半頃来院。午前診終了1時頃から検査開始。30分程度で、処置後、1〜2時間療養後帰宅。
↓
3手術後 1週間後、病理結果など説明。
料 金
3割負担の場合は18,000円程度、1割負担の場合は6,000円程度です。

ページのトップに戻る